アスペルガーにはタイプが3つある!?夫の特徴は…孤立型だった!!vol.2


夫が突然キレて物を壊す人なので、一体これはどういう事だろう?と何となくネットで調べてみたら思いもしなかった病名に辿り着きました。

(その経緯を書いた記事はこちら!) 

どうやら夫は「アスペルガー症候群」という先天性脳機能障害を持つ自閉症の可能性が高い事がわかったのです。アスペルガーと言ってもいろんなタイプがあるそうなので、それについても詳しく綴っていきます。

夫はまさかのアスペルガー症候群!?

アスペルガー症候群ってそもそもどんな病気なんでしょう? 私の浅い知識では

アスペルガー症候群=自閉症

くらいの事しか知りませんでした。息子のららんが知的障害児なので(ららんの記事はこちら!)リハビリ施設や支援学級には自閉症系の本がたくさん並べてあったりしたので何となく名前だけ知っているっていう程度で、こんな身近にいるとは思ってもいませんでした。

アスペルガー症候群とは簡単に言うと、「こだわりが強い」「社会性に欠ける」「コミュニケーション力の弱さ」という傾向にあるのが特徴だそうです。

医学的には「自閉症スペクトラム」に統合されていますが、その中でも知的障害が伴わないものがいわゆるアスペルガー症候群と位置付けされているようです。 

この3つの特徴から、向いている職業と向かない職業がハッキリしていて、向いている職業に就けた人は社会的な地域と信頼も得られ経済的にも安定した生活をする事が普通にできるのだそうです。

向いている職業とは、アスペルガー特有の頭の良さと一つのものに対するこだわりと集中力を生かせる研究者、開発者、設計者の様な専門職です。

反対に向かない職業に就く人はどの会社に行っても続かず安定した収入も得られず生活も不安定という傾向になります。 確かに夫はどれにも当てはまっているのです!

(えっ!?元貴乃花親方の離婚原因が孤立型アスペルガーであった為!?の記事はこちら!) 

 

1)アスペルガーのタイプ

どうやらアスペルガーにも色々とタイプがあるらしいのです。基本的な特徴は一緒なのですが、それぞれどう違うのでしょうか? 大きく分けると

  • 受動型
  • 積極奇異型
  • 孤立型

この3タイプになり、同じアスペルガーでもタイプが違うと行動もちょっと違うのです。それでは詳しくみていきましょう。

受動型:一番多いと言われているのがこのタイプの様です。その名の通り受け身型で自主性がなく自己主張をあまりしないタイプ。相手に合わす事が出来るので、一見「良い人」に見えるのもこのタイプですが、わからない事自体がわからないので、わからなくてもわからないと言えないタイプ。

積極奇異型:一方的によくしゃべり、相手との距離感がわからず、ものすごく近い距離で(顔が近すぎると感じるほど)話したりする。アスペルガーの中ではIQが低いのも特徴的で、感情に流されやすい。

孤立型:その名の通り孤立しやすいタイプで、一番アクが強いタイプで人間関係の構築が難しいとされる。頭が良くアスペルガーの中ではIQが高く、感情に流されない。積極奇異型と真逆の要素が多い。理屈っぽく理論的な思考型で、こだわりや自分ルールがアスペルガーの中で一番強いタイプ。

 

2)夫のタイプはこれ!

夫はズバリ、、、

 

 

 

 

いわゆる一番アクが強くて気難しいと言われている

孤立型

でした〜〜〜! 

終わった、、、

ビックリする程、夫は孤立型そのまんまでした。いやいや、孤立するのは構わないんです。ただこのタイプはアスペルガー症候群の中でも

①自分がいつも正しい→自分の考えに共感や同意しない人は敵→攻撃的で威圧的な態度をとる→暴力的になりものを壊す→何事もなかったかの様な態度で話しかける→基本的に他人に興味はない→人の気持ちがわからない→わかろうともしない→結婚する資格なし!

②自分ルールが強い→人の意見や指示に従うのが苦痛→融通が利かない→会社勤めが難しい→自営業をするしかない→アスペルガー向きの設計など専門性の高い仕事をフリーランスでやる→技術力は高いので仕事依頼はたくさん来るが、お金に割と無頓着なのでお金儲けが下手→真面目で手抜きが出来なくて締め切りに追われストレスが溜まる→家族に当たる→ものを壊す→いつまでたっても貧乏→家族を養えない!

アスペルガーの孤立型がみんながみんなこうだとは思いませんが、こういう傾向があるのは確かだと思います。夫はまさにこんな感じです。残念な人です、、、 😥  でもこんなアスペルガーな夫でも良いところがあるから結婚したんだし、正直で嘘をつけないところは本当に好きなんです。

 

(夫のありえない金銭感覚についての最新記事はこちらから!)

 

 

3)アスペルガーは治るの!?

治りません!! 残念ながら遺伝から来る先天性の脳機能障害ですから治らないんです。でも本人が自分はアスペルガーかも!?と気付き認めはじめると、意識も少しずつ変わるからか、良い方向に向かっていける気はします。 

うちも夫に怒られるのを承知でさりげなく「こんなYes Noテストがあるんだけどちょっとやってみない〜?」と言ってみたら、意外にもすんなりやってくれ拍子抜けした覚えがあります。やらされてる感が大嫌いな孤立型アスペルガーですが、機嫌が良い時はこんな風に素直に受け入れてくれたりもします♪  

意外にも怒らなかったのでその勢いで恐る恐る大胆な発言もしてみましたよ。

「あのさぁ〜、こんな事言ったら気を悪くしちゃうかもしれないんだけど、もしかしたらパパちゃんアスペルガー症候群の気があるんじゃないかな、って。もしそうだとしたら、パパちゃんの性格に問題があるんじゃなくて、病気のせいで生きにくいのかもしれないよって思ったんだけど、、、」と言うと、これまた意外や意外静かに私の話を聞いてくれるではないか!

その後、自分でも思い当たる節があった様で、自分なりにネットで調べてみたそうです。すると数日後、私とまた大げんかになった時には「俺やっぱり病気だと思うよ、、、」とうっすら認める様な発言が、、、!

(大げんかになり危険な目にあった記事はこちらです!)

これは大きな1歩ですよ!!! 修復の伸びしろはあるかもと少し希望が見えた気がしました。

 

 

4)アスペルガーの家族との向き合い方や対処法は?

まだ私も手探り状態ですが、アスペルガーの人達ってみんな基本的には頭が良くって向上心もプライドもあるので、自分がまずアスペルガーと気付き認め始めると、自分なりに意識して何とか良くしていきたいと努力してくれる人が多い気がします。

一番大事なのは、本人にクールダウンできるスペースを与えてあげる事、なるべく言葉を選んでわかりやすく話す事で無駄な怒りに繋がる刺激を与えない事、見捨てず一緒に家族の幸せを模索する事なのではないかと思います 😆 

 

アスペルガー夫の幼少期・行動パターン・恋愛歴の最新記事はこちら!

 

今日はどんな感じ? ポチッとチェックしてみてください♪


カサンドラ症候群ランキング

 

2 Comments

  1. 色々なタイプのアスペルガー症候群があることを知ることができ、勉強になりました。

    • miya様

      コメントありがとうございました。
      私もまだまだ勉強不足ですが、それぞれの特性を知る事で
      対処の仕方も少しずつわかってきたかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!