1)アスペルガーとカサンドラの結婚記念日はどの様に過ごす?

 

昨日は珍しく子供が寝付いた後、旦那と一緒にテレビを見ながら話をしました。

来月には結婚10周年という奇跡的な?節目がやってくるので、なんかする〜?って話になった。

私も女にしては記念日とかそういうの気にしたりするタイプではないので、毎年◯周年だからって何かお祝いするわけでもなくスルーしていたんですが、さすがに10年目は特別の節目だから何かやらない?と私から持ちかけたんですけどね。

もちろん夫は10年目だという事も結婚記念日も覚えちゃいなかったけど、『そうだなー、なんかするか!』と珍しく乗り気♪

ちょっと楽しくなってきました! 😆 

 

 

でも旦那からこんな発言が!!!

 

『東京に行ったりお台場に行ったり思い出巡りみたいのはゴメンだからね』

 

げげっ!!

普段相手の気持ちなんかわからないくせに、こんな時は私の思考を読んでやがるではないか!

さすが10年の月日を共に過ごしただけあるね。

あ、でも思考を読んだ上で、あえて相手の要望には答えないというアスペルガーらしい思考回路だなぁと改めて思いましたけどね。

 

私は大好きなお台場に行って美味しいものでも食べながら夜景見て少しでも恋人気分を思い出したいなぁ〜なんて思っていたのに、あっけなく却下じゃん。

旦那は私がこんな事をどうせ言ってくるだろうと予測して防御線を張ったのだろう。

とことん意地悪なやっちゃ。

まーいいさ。

 

旦那はこんな提案をしてきた。

夫:『いっそ近場の海外旅行でもすっか?』

 

私:・・・・・お金は?

 

夫:だって国内旅行の方が高いしさ、海外の方がむしろ安いかな〜って。韓国とかどお? 焼肉食いまくるとか。

 

私:中国とか韓国とか、あの辺あまり興味ないんだけど。 だったらタイとか東南アジアが良いな〜♪

 

夫:タイ、良いじゃん!! タイ行こうタイ!!

 

私:・・・・・お金は? うちお金本当にないんだよ。 いくらタイでも2人で行くとなると10万位上かかるでしょ? 無理だよ。

 

夫:だよなー。 じゃあ、福島の原発近くに確か世界遺産なかったっけ? そこどお?

 

私:え、、、 そんなとこ結婚記念日にわざわざ行きたくないよ。

 

夫:四国はどうかな?

 

私:四国、良いね〜!!! フェリーとかで行っても良いかもね♪

 

夫:でもサクッと行って帰れないよなぁ〜。。。 

 

私:・・・・・だね。

 

 

結局意見が噛み合わずまとまらず解散。

まぁ〜でも夫が10周年に何かしたいと思ってくれてるのは嬉しかったし、こんな時くらい心に残る楽しい時間を一緒に過ごせたら良いなと思っています。

 

新婚旅行すら行ってないからお金があれば本当は海外旅行行きたいんですけどね、、、

 

 

 

上記から1週間経ち、旦那も海外旅行に行きたいなんて言っていたので、節約できるところを節約していけばもしかしたら可能かも!? と思うようになりました。

東南アジアで『最後の秘境』と言われている激安ツアーを見つけたので、こんな提案をしてみました。

 

私:うちら新婚旅行すら行ってないから、ここは思い切って海外旅行に行ってみようと思ってるんだけど。 節約してちょっと頑張れば行けそうな気がするよ。 

まずはあなたが来月予定しているゴルフと私の温泉をキャンセルすれば何とかなりそうかな〜なんて。どうかな?

 

夫:俺の予定をキャンセルさせてまで行く必要ないよ。

金もないのにそんな余裕のないギリギリの旅なんてちっとも楽しくない!

 

 

はい。おしまい!!

あっけなくこちらも却下でした。

オレ第一なんで、俺様の予定を変更させられるのは嫌なんですね。

夫だけに強いているんじゃなく、私だって近場の激安温泉を諦めようと思って言っているのにダメでした。

そもそも海外に行きたいなんて言い出したの私じゃないですからねーだ!

これで私ももう一気に10周年をお祝いしたい気分が急降下だぜ。

もうどうでも良くなってきた。

やっぱりヤツに期待してはいけないのだ。

私から提案するのはもう一切やめることにした。

それでも夫から何か言ってくるのか様子を見ようと思います。

忘れられてスルーするならされたで結構。

それだけの夫婦仲だし、私は私で楽しい事を考えればいい。

 

どうなることやら〜

後日また記載します♪

 

 

2)アスペルガーとカサンドラが喧嘩せず仲良くお祝いの日を過ごす為の心得

 

どうせお祝いするなら仲良く過ごしたい。

でも例えばアスペ夫と旅行に行くとしたら、、、

喧嘩せずに良い時間を過ごせるのだろうか?

 

そもそも計画しても、言葉のあやで不機嫌になり夫がへそを曲げたら『旅行は行かないからな!』とか言いだしそうだ。

前にも旦那の実家へフェリーで行く計画を立てていた時、喧嘩をして『俺は行かないからなっ!』なんて言い放った事があったのだ。

子供みたいでしょ?

『どーぞどーぞ行かなくて結構!』

って言ってやりたいところだけどお金はもう払っているし、旦那の親だって旦那が一緒に来ていなかったら変に思うはずで、気まぐれでそんな事言われると本当にムカつくし周りが困るんです。

 

計画倒れしない様に、夫がへそを曲げない様に警戒していないとダメですね。

まぁ〜万が一へそを曲げて行かないと言い出したら、友達か親を誘って行けば良いやくらいに思っておこうと思います。

 

そもそもアスペルガーは人の気持ちを理解するのが苦手なので、記念日だからといってアスペ夫からプレゼントをもらうのを期待してはいけません!

10年間一緒にいて、誕生日のお祝いに外食でお祝いはしてくれますが、物をもらった記憶があまりありません。

 

あ、でも数年前に『ホームペーカリー』を貰いました♪

小さいカードには『いつもありがとう』と書いてあり、涙が出る程嬉しかったのを覚えています。

アスペルガーの人は人を喜ばすことに興味ないというより、単純にわからないからできない…というのもあるんだと思いました。

私が何を欲しいかわからない。

わからないからとりあえず子供にも作ってあげられそうなもので役に立ちそうなものを選んだと言ってました。

 

でも物をプレゼントされたのってこの時くらいですかね。

逆に何でこの年はプレゼントしてくれたのか謎ですが、深い意味はなさそうです。

 

その頃は旦那がアスペルガーだなんて夢にも思ってなかったので、男の人ってみんなそんなもんだと思ってました。

 

先日娘が夕食時にふと

『ねぇ〜パパって誕生日にママから何もらったの?』

と聞かれて

『〇〇をもらったよ』

と答えていたのですが、娘が更に

『じゃあママは誕生日にパパから何もらった?』

と私が聞かれ

『ママは何ももらってないよ』

と答えたら『ギロッ』と私を睨みつけた夫。

『え、ご飯食べに行ったじゃんか!』と夫が言うので

『行ったけど物はもらってないよって言ったの』

と言い返してやったら、さすがにムスッっとして黙り込んだよ。

 

うちは外食をほとんどしないので(夫が外食嫌いだしお金ないしね)、毎年お互いの誕生日くらいはちょっと良い店で外食して祝うんだけど、私としては別に物が欲しいわけじゃなく、私に何か買ってあげたいとか私の欲しそうな物をイメージしながら選んでくれるというプロセスが嬉しかったりするわけね。

でもアスペルガーの人にはムリムリ!

想像力を働かせて人の喜ぶ気持ちを予測するなんて事自体が困難なわけですから。

 

でも10周年の結婚記念日くらいサプライズ大歓迎〜!

なんては思うけどないだろうね。。。

ないだろうな。

サプライズで相手の喜ぶ顔が見たいなんて発想はないんだと思います。

 

 

とにかく記念日を平和に過ごす心得としての三か条は

  • 何も期待しないで諦める(良い意味で)
  • 喧嘩になりそうになったら絡まず離れる
  • お金の話はしない

 

一見最悪に見えますが、とにかく『あの人はああいう人』と割り切って過ごす事で、大げんかにも発展しませんし、自分の心もイラっとせず、適度に歩み寄ればそれなりに楽しく過ごせるのではないでしょうか。

記念日を一緒に過ごしたいと思ってくれているだけで、アスペ夫からしてみたら『歩み寄り』なわけですし、良い距離感でお互いに良い時間を一緒に過ごしたいものです。

特に『諦める』という言葉はネガティブに聞こえますが、実はそうでもなく、個々の時間やクオリティー(QOL)を守る上で大事な要素だと思います。

 

そしてお金の話。

お金の話になるとやはりお互いイライラしてしまうのでご法度です!

回避回避!ですね。

 

 

ところでこんな有名な話があるの知ってますか?

 

『ハリネズミ』の話です。

 

抱き合ってお互いを温めようとすると互いの針が刺さり合ってしまう。

でも離れると寒い。

ハリネズミたちは、近づいたり離れたりを繰り返した結果、 ようやくお互いに『痛くもなく寒くもない距離間』を見つけ寒い冬の日を乗り切る事ができたというお話。

 

私も寂しがり屋で自分勝手で攻撃的なアスペ夫に少しでも歩み寄りたいと近づいては傷つき、激痛を繰り返すくらいなら寒くても離れた方がマシだと思って今はかなり距離を置いていますが、記念日くらいはお互いに痛くならない距離を模索して心を温め合いたいなって思っています 😆 

ペーパー加湿器(ハリネズミ18) ニトリ 【玄関先迄納品】

こんなにかわいいハリネズミちゃんのペーパー加湿器がニトリに!!

紙といえどマジで侮れない働きっぷりなんです。

超リアルで、まるで本当に水を飲む様にグングン水を吸い上げ気化し、効率よく部屋内を加湿してくれますし、インテリアとしても最高にかわいい!!!

来客にも好評です♪

 

 

今日はどんな感じ? ポチッとチェックしてみてください♪


カサンドラ症候群ランキング