あなたは人間関係で悩んだり迷ったりしたことはありませんか?
たいていの仕事は一人ではできません。

必ず誰か人とやり取りをする必要があります。

  • 上司と合わない…
  • 同僚と仲良くなれない…
  • 後輩がなかなか仕事を覚えてくれない…
  • 得意先やお客様に困った人がいる…

などなど働く上で人間関係の悩みやトラブルはつきものです!

特に女性ともなれば、結婚や出産などプライベートの話を持ち出されたり、「女だから」という不合理な理由で槍玉に上がったりすることも少なくありません。

そんなとき、そんな悩みやストレスを我慢する必要はないと私は思っています。

悩みを相談できるしかるべき場所があれば打ち明けてもいいし、環境自体を変える、つまり転職しても問題ありません。

「人間関係のストレス」って転職理由になるの?と不安に思う方もいるかもしれませんが、十分転職理由になりえます。

むしろ、口に出すことは少なくても実際人間関係に不満を持って転職する方は大勢います。

ただし、人間関係の悩みを理由に転職する場合は、転職先の選び方や面接での発言に少し注意が必要です。

今日はそういった職場の人間関係の悩みについて、そうした悩みの解消法や転職する時の注意点についてお話してみたいと思います。

 

1.こんな悩みありませんか?人間関係の悩み事例集

1-1.~上司編~指示やフォローがない・パワハラ、セクハラ

まずは上司編。

「上司と合わない」という方、多いですよね…。

私も何度か経験があります。

ある飲食店では、まだ入って間もないのに店長からの指示やフォローがほとんどない。

態度がやたら高圧的で、こちらが萎縮してしまい質問するにも聞けない。

聞こうとすると、忙しいと言って逃げられる。

そのくせ、少し失敗すると激しく怒ったりため息をついたりする。

だったらもっとちゃんと指示してよ!!と思いますよね?

また別の職場では、事あるごとに「彼氏いるの?」「結婚しないの?」とやたらプライベートについて聞いてくる上司。😤

ある時は肩や頭に手を置かれるなど必要以上のスキンシップにこれはセクハラでは…?と悩んだこともありました。

私はこの程度で済みましたが、きっともっとひどいセクハラや嫌がらせを受けたことのある人も多いのではないでしょうか。

そういう時は「ちゃんと指示を聞かない自分が悪い」「女である自分が悪い」と自分を責めないでください!!!

社内にそういったパワハラやセクハラを訴えることができる部署があればそこに相談してみたり、思いきって異動願いを出したり転職したりして、環境を変えてしまうのもひとつの手です。

 

1-2.~同僚編~陰口を言われる・プライベートにやたら干渉してくる

同僚と上手く仲良くなれない、という悩みもあります。

職場の同僚との距離感って難しいですよね。

気の合う人であれば、友達として仲良くなれるかもしれませんが、気の合わない人とでも、職場の仲間である以上うまくやっていかないといけません。

たとえば、自分のいないところで悪口を言われたり、無視されたり、嫌がらせをされたり…。

何がそんなに気に入らないの?

と思うこともありますが、そういうことして優位に立ちたがる(マウントをとりたがる)人は少なからずいるんですよねー。。。

 

「同僚」「同期」という関係性の場合は、営業成績や仕事の評価を気にして、自分が!自分が!と競争心から職場の仲間を卑下するような行為をする人もいます。

ほかにもやたらプライベートに干渉してくる同僚。

「彼氏いないの?結婚しないの?いい人紹介してあげようか?」

「まだ子ども作らないの?うちは出産も育児も大変だったのよー」

「連休どこか行かないの?海外とか行けばいいのに。お金ないの?」

「そのバッグどこのブランド?どこで買った?いくらだった?」

上司の場合は「セクハラです」で片付けられるかもしれませんが、同性の同僚の場合はそうもいきません😤

単に仲良くなろうとして聞いてくることも考えられますが、あまり干渉されたくないと感じたら、適度な距離を保つこと。

例えば

  • ランチの時間や帰宅時間をずらして物理的な距離をとる
  • 質問はさらっと流して、「○○さんはどうなんですか?」と相手に逆に質問返しをしてかわす

など、うまく距離を取れる様になると、少し楽になってきますよ♪

聞きたがる人はたいてい自分の自慢話をしたいだけ!笑

相手の気が済むまで喋らせてしまったらいいと思います♪

 

1-3.~後輩編~仕事を覚えてくれない・告げ口される

後輩とうまくいかない、ということもありますよね。

後輩との年齢差にもよりますが、若い人の場合、文化や習慣が違うので思わぬところでぎょっとしてしまうことも。😱

  • なかなか仕事を覚えてもらえず何度も同じことを聞かれ自分の仕事に支障が出る
  • ちょっと注意をすると泣き出したり上司に告げ口されたりする
  • ホウレンソウを怠ってミスやトラブルが増える

 

しかし、ここでさじを投げてしまっては、上にあげた嫌な上司と同じです!

自分のこどもと思って上手く育ててあげることが大事です。

  • なぜ覚えられないのか、どこに困っているのか、きちんと話を聞いてあげる
  • 安易に怒らない
  • 適度に気にかけてあげる
  • 自分ひとりで抱え込まない

 

上司や同僚とも情報共有をして職場全体で育ててあげる。

後輩への対応はこれが大事です!

子育てと同じですよね。

きちんと話を聞いて、適度に関心を向けて、家族みんなで見守ることが大事です。

そこで後輩の育成やフォローに成功すれば、きっとあなた自身の職場での評価でも上がりますよ!😉👍

 

1-4.~得意先・お客様~セクハラ・カスハラされる

人間関係は社内だけではありません!

社外での顧客(得意先やお客様)との人間関係に悩むこともあります。

客と店員、クライアントと受注先、といった関係上、主従関係のように思う顧客もいます。

かと言って、性的ないやがらせを受けたり、名誉毀損になるような暴言を吐かれたりする筋合いはありません。

そこは毅然とした態度で対応しましょう!

大切なのは

  • 社外のことだから
  • お客さんだから

自分ひとりで抱え込まないこと。

社外のこととは言え、会社やお店のお客さんである以上、会社やお店みんなで相手をしているお客さんです。

嫌な顧客に出くわしたら、なるべく早く上司に相談し、担当を変えてもらったり、要注意客として注意喚起を促しましょう。

 

2.人間関係に悩んだら?転職する時の注意点

2-1.「転職」は人間関係の悩み解消法の選択肢のひとつ

こうした人間関係での悩みやトラブル。

「仕事上の関係だから」と気にしすぎない心構えも大事です!

社内に相談できる部署があれば、ひとりで抱え込まずに相談したほうがいいですし、趣味や家庭生活、プライベートで充実感を持って過ごせるのであれば、仕事にそこまで価値を置かなくても良いかもしれません。

ストレスで病気になってしまっても会社は何もしれくれませんから!

仕事は何だって良いんだ!くらいに思っていた方が、人生うまくいくはずです。

仕事が人生の全てではないです。

あなたは自分の人生の大事な時間を雇用先に売っている訳です。

自分の大事な時間を売る訳ですから、なるべくストレスのない職場で働きたいですよね?

 

最近ではパラレルキャリアと言って、副業を持つ人も増えてきています。

本職から目を背けるわけではありませんが、副業という形でもうひとつ自分の居場所を作ってしまって、そこで成果を上げたり評価されると、自分に自信がついて、普段の仕事やプライベートにも良い影響が出ることもあるんです!

また、環境自体を変える、転職することも選択肢のひとつです。

 

  • しかるべきところに相談しても解決しない
  • ストレス解消するにも限界がある
  • 自分の身体や精神状態への悪影響がひどく続く

 

そんな場合であれば、そこから逃げてしまってもかまいません。

 

というか、、、

逃げましょう!!

なぜなら、あなた自身を守ることが大事だからです。

自分に合う・人間関係の良い職場は必ずあります。

思い切って環境を変えて一からキャリアを築いていきましょう!

 

2-2.転職先を選ぶ時の注意点

人間関係で悩んだあなただからこそ、転職先を選ぶ際には慎重にならなければいけません。

次の職場で同じような人間関係の悩みやトラブルを抱えてしまっては転職した意味がありませんね?

 

  • 職場環境は健全であるか
  • 上司は適切な指示やフォローをしてくれそうか
  • 同僚や後輩との距離感はどうか
  • 女性スタッフが多いのか男性スタッフが多いのか
  • 募集をしょっちゅうしている会社かどうか

 

可能であれば、選考を受ける前に会社見学をして職場の雰囲気を見ておきましょう。

お店などであればお客さんとして行ってみるのもいいでしょうし、会社であればランチの時間に会社の周りをウロウロしてみて、どんな人が働いているのか観察してみてもいいかもしれません。

あと、いつも募集していたりする会社は怪しいです!!

辞める人が多い可能性が高い会社なので、待遇が良くても注意が必要です。

「どんな人が働いているのか」に焦点を当てて事前の下調べをしてみたり、エージェントなどを通して応募するのであれば、担当のコーディネーターに志望先の会社の雰囲気を事前に聞いておいて、少しでも不安をなくしておきましょう。

コーディネーターには以前の職場での人間関係のトラブルや悩みを打ち明けてもかまいません。

あなたがそういった人間関係が苦手、ということが分かっていれば同じような職場環境の企業はエージェントで紹介しないはずです。

2-3.転職面接での注意点

転職面接で、以前の職場の退職理由を聞かれたとき、「人間関係のトラブルで…」と答えていいものでしょうか。

これ、一番知りたいですよね?

トラブルや被害の程度にもよりますが、いの一番に「人間関係」を理由に挙げるのはあまり好ましくありません。

人間関係の悩みやトラブルは人によって感じ方が違うものです。

あなたにとっては辛く悲しいことであっても、聞く人によっては大したことないんじゃない?と感じることもあります。

表向きの転職理由は人間関係以外のことでお話しておいて、何か要望や質問がないか聞かれたときに、「上司や同僚はどんな方ですか」や「職場の雰囲気はどんな感じですか」と少し探りを入れてみる程度にしておくのが得策です。

しかし、誰が聞いても『こりゃひどいな』と思える様な壮絶なパワハラに遭い、ストレスが原因の体調不良になった場合は正直に話してみるのも私はアリだと思います!

『御社なら同じ失敗を繰り返さずに頑張れる環境だと感じました!』

と前向きにアピールできれば、マイナスイメージになるどころか、むしろプラスに働く事だってありますから、面接官の空気を読み、この人だったらカミングアウトしても大丈夫!と思えれば、正直に話してみても良いのかと思います。👍

 

3.考え方次第で乗り越えられる!

人間関係の悩みやトラブルは考え方や捉え方次第できっと乗り越えられます。

  • ひとりで抱え込まずに、周りに相談する
  • 仕事以外に、プライベートや副業など自分の居場所を見つける
  • 転職して環境を変える

 

どんなやり方でもかまいません。

大事なのは自分自身が生き生きと充実した人生を送ること。

転職は自分自身を守るひとつの手段だと思って、前向きに捉えていきましょう!

幸せな人生を生き抜く為に、転職の方向性はじっくり考えたいものです。

職場での人間関係に苦しみ、悩みを誰にも相談できない時は、転職カウンセラーの無料アドバイスを受けて一緒に解決策を模索するのも良い方法かもしれません。😊

職場の仲間や家族ではない他人だからこそ気軽に話せる悩みってありますよね?

RUN-WAY