早いもので、ららんももう3年生!

3年生といえば小学校低学年と言われる最後の年ですね。

来年から高学年になる訳ですが、今だにららんのお気に入りは『アンパンマン』と『ノンタン』です 😆 

まだまだ無邪気で笑顔がかわいくって素直なららん♪

それに比べ1歳下の健常児の娘はもう口達者で悪知恵も付いてきたり、だんだんクソ生意気になってきて逆に手を焼いてます。汗

最近のららんの成長具合を綴っていきます♪

 

1)知的障害中等度の判定と特徴&症状

判定方法

まず子供の知的障害の度合いをどうやって調べるかですが、ららんの経験から下記の2通りあります。

  • リハビリ療育施設で療法士から日頃の様子や成長具合を見て客観的意見をもらう
  • 知能テストを受け療育手帳を発行してもらう

 

もちろんリハビリ療育施設でも知能テストを受ける事は出来るので療育手帳を貰うために受ける診断テストの前に、ある程度の知的レベルを知る事が出来ます。

ららんの場合は、就学前の療育手帳の等級はB2軽度の知的障害判定でしたが、小1と小3で受けた判定テストではB1の中度知的障害の判定が出ました。

 

知的障害中等度の特徴と症状ですが、一般的には下記の様に考えられています。

 

知的障害中等度の特徴&症状

幼少期の発達段階において言語の発達が遅く、最終的な達成度に限界があるとされています。

つまり成人になった時点でも、小学校高学年以上の学力を身に付ける事が難しいのが現実の様です。

しかし適切な教育を受ける事で、ほとんどのケースで言語を習得でき読み書きと簡単な数を数える事は身につけられるのと、人とコミュニケーションをとる単純な社会的活動に従事する能力は身に付く様です。

 

社会的な判断能力および意思決定能力は限られていて、自分自身で人生の決定をするのが難しいので、常にある程度の支援を必要とし、健康上の利益、金銭管理などのそれに付随した責任を果たす為の支援は生涯必要であると考えられています。

成人としてきちんと身の回りの事が出来たり、コミュニケーション能力も育ってきた環境によって大きく変わるとも言われていますので、自立の達成度には個人差がある様です。

(出来なかった事が出来る様になる記事はこちらから!)

 

 

2)療育手帳について簡単なおさらい

療育手帳の等級は都道府県によって色々ある様ですが、一般的な等級別の表示は下記の様なものが多いです。

  • A1(最重度)
  • A2(重度)
  • B1(中度)
  • B2(軽度)

多くの都道府県は等級をAとBで分けている様です。

そして療育手帳という呼び名も全国的に使われていますが、手帳の名称は少し違うところもあります。

例えば

  • 青森県と名古屋市=愛護手帳
  • 東京都と横浜市=愛の手帳
  • さいたま市=みどりの手帳

 

といった感じです。

私もららんが2歳の頃は東京にいたので、『愛の手帳』を持っていました。 

一番軽度の等級でしたが、東京都は補助金も支給してくれて福祉制度の充実ぶりを実感しました!

 

そうなんです。

知的障害者に対する援助措置も都道府県によって違うんですね。

ららんが2歳の時にもらった最も程度が軽い等級の『愛の手帳』でも、補助金が受け取れましたが、軽度の同じ等級(B2に当たる)ではほとんどの道府県では補助金は出ないんですね。

等級によって受けられる援助は違いますが、基本的には共通してこんな援助が受けられます。

  1. 特別児童扶養手当(多くは軽度のB2を除くB1以上の等級で支給)
  2. 国税、地方税の諸控除及び減免税
  3. 公営住宅の優先入居
  4. NHK受信料の免除または減額
  5. 高速道路の料金割引(A2以上の重度な等級のみ)
  6. 電車(JR)の運賃割引や航空会社の国内線運賃割引
  7. 公共施設の利用料割引

などがあります。

ららんは中度の等級でB1なので、恩恵を受けている支援は1、2、4、7ですね。 本当にありがたい支援です!

中でも地味に7番目の『公共施設の利用料割引』が一番よく使い、日本全国で使えて助かってます!

ディズニーランドやUSJなどは流石に使えませんが、多くのレジャー施設などで本人と同伴者の割引が利くので頻繁に使わせていただいてます♪

 

 

3)6〜9歳の小学校低学年期の成長具合

ららんも知的レベルは『やはり中度なんだなぁ〜』と感じる事は多々あります。

元々の病気『プラダーウィリー症候群』の平均的な知的発達が通常の半分くらいのペースと言われているので、ららんも今の所それに当てはまったペースで発達していると思います。

 

ららんはもうすぐ9歳になりますが、知的には5歳程度のレベルだと感じています。(アンパンマン&のんたん大好きですから♪)

20歳で10歳程度の知的レベルになるペースなんじゃないかと。

さすがに20歳でアンパンマンはないだろ〜!とは思いますが、私はおばさんになったってアンパンマンもノンタンも好きです 😆 

ストーリーもほのぼのしてて良いじゃないですか〜〜♪

ららんは心の優しい天使の様な子供なので、アニメなんかも戦闘ものは好まず、ほっこりしたアニメが好きみたいです!

(2〜6歳の成長具合と知育方法の記事はこちら!)

 

最近のららんで出来る様になった事を挙げてみます。

  1. カレンダーがちゃんと読める様になってきた(ついたち、ふつか、みっか〜etc…)
  2. 腕立て伏せができる様になってきた(これ、やり方を説明して正しい動作を理解させるのに時間がかかった!)
  3. 図を描けば足し算引き算ができる様になった(◯を数の分だけ書いたり引く分だけ線で消したり)
  4. ぬり絵が上手になってきた(前は線から思いっきりはみ出ていたけど、今はお手本を見ながらその通りに色分けして塗る事ができる様になった!)
  5. 歌を覚えるのが早い(歌詞も)
  6. 音読が上手になった
  7. 学校での出来事を割と細かく正確に教えてくれる様になってきた
  8. スイミングスクールで、蹴伸び5mがやっと合格した!
  9. じゃんけんが理解出来る様になった
  10. 反対言葉がわかる数が増えた
  11. 『ぶんぶんぶん』と『カエルの合唱』を両手でピアノが弾ける様になった!

 

思いつくだけを書いてみましたが、こんなところでしょうか。

ららんなりにかなり出来る事が増えていると思います!

 

行動の面では、自分の身の回りの事(着替えや支度、歯磨き)はちゃんと出来ますし、朝もぐずる事なく、時間通りに行動出来ます。

自分の服も脱いだらきちんと畳んでタンスにしまいますし、パジャマも自分の分だけでなく必ず妹の分までそっと出してくれます。

お手伝いもこちらからお願いする前にやってくれたりします!

具体的には食事の用意のお手伝い(お皿や箸を並べたり、おかずを運んだり、お片づけをしてくれる)をしてくれたり、洗濯物を畳んでしまってくれます♪

上履きは1年生の頃からずっと、ちゃんと自分で洗いますし、お風呂上がりで体を自分で拭くことも出来る様になりました!

スイミングスクールでも、自分1人でロッカーで着替え支度をしてプールに入りますし、出る時も以前は着替えに時間がかかっていましたが、今では素早く着替えて出てきますね。

大きな成長です!

やはり勉強よりもむしろ身の回りの事を自分でしっかり出来る様になるっていうのは私が一番やれる様になって欲しいと思う事なので、ららんはしっかり応えて頑張ってくれてます!!

 

そうそう!

運動会も去年まで徒競走でダラダラ走っていたのが今年は(3年)しっかりダッシュして走り切っていたのが凄かったです!! 

思わず涙出ました!!

大縄跳びも1回だけですが、飛べました!

ダンス競技もちゃんと振り付けを覚えて先生の補助なしで通常級の同級生と踊っていて感動しましたよ〜!!

 

 

 

4)学校でいじめはある!?

 

学校でのイジメは今の所なさそうですが、通常級の子からは『きもい』と言われた事があったり、上級生の男子がウサギの餌をららんの顔に投げつけられたのを見た事があると娘が教えてくれました。

娘はららんのボディーガードみたいです。笑

おかげで助かってるところも多々あります。

でも最近はららんも言い返したり、『やめろ!』と言える様になりました。 

でも基本は心優しい子なのでやり返したりはしないですね。

 

今の所、1番の強敵はボディーガード!?でもある妹の存在でしょうかね〜。

やっぱり妹は最近生意気で偉そうにしているので、ららんに対しての態度も横柄な感じで許せない時があります。

 

ららんの方がよほど礼儀正しくて、片付けもしっかり出来るのですが、妹は何だか太々しいと言うか最近理屈っぽくて生意気でいけません!

女の子ってこんなもんなんですけどね、、、それにしても挨拶も昔はよく出来てましたが、最近は挨拶もいい加減だし何事も雑で、ららんに対しても偉そうな態度なのでこっちの方が対処に困っている感じですね〜。

基本的には仲の良い兄妹なんですけどね♪

 

 

今日はどんな感じ? ポチッとチェックしてみてください♪

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村