ららんの過食が遂に始まってしまった!?

という事件が発覚しました!!!

ららんはプラダーウィリー症候群という病気で

『過食』という異常行動と生涯戦う運命にあると言われている恐ろしい難病。

(プラダーウィリー症候群についての記事はこちら!)

 

プラダーウィリー症候群の文献によると

染色体15q上の遺伝子異常による視床下部の機能障害のため

満腹中枢をはじめ体温、呼吸中枢などの異常が惹起されます。

1歳以降、多くは3~4歳頃から食欲を抑えることが出来なくなり

筋肉の力も出てくるため急に食べるようになりますが、今度は食べ過ぎになります。

またPWSでは安静時の代謝率が低くなっているため、同じ栄養をとっても

消費されるエネルギーは少なくなっています。

このため食事を制限しないと95%が急速に肥満を来します。

自分で気をつけている患者さんでも、食べ物に対する飽くなき欲求はずっと存続します。

隠れ食いや盗み食いも少なくありませんので、食べ物は鍵のかかる場所に保管しなければなりません。

 

いやいや、自分で書きながら何て恐ろしい病なんだと改めて思うね。

ららんが生まれたての頃にこの病気を医者から宣告された時は

『あぁ〜、もうビュッフェ(食べ放題)に行ったり出来ないんだなぁ〜』なんて

ビュッフェ好きの私は漠然と思いましたよ 😥 

 

今現在ららんは8歳。

生まれてすぐに病名が分かったので、小さい時からずっと食事には気をつけて

いましたが、制限しすぎるとかえって過食を引き起こすんじゃないかという

思いから、揚げ物やご飯の量は極力少なめにする代わりに

野菜をたっぷり盛ったり、しっかりデザートは食べさせて

『終わり』と『食の満足感』を意識させる様、努めてきました。 

おやつの時間にはお煎餅やフィッシュアーモンドやこんにゃくゼリーなどの

甘くないローカロリーなおやつもしっかり与えていました。

そして寝る前には4歳から毎晩ガッツリ筋トレを続けてきました。

 

その成果あってか、ららんの過食傾向は今の所ゼロです!

凄いなぁ〜と我が子ながら思う事は、デイサービスから帰宅して

妹がお菓子をモグモグ美味しそうに食べていても食べたがりません。

スイミングに通っているのですが、お友達がポテトチップスを

分けてくれようとしたのですが、ららんは

『さっきデイサービスでおやつ食べたからいらないも〜ん』

と言って断っていました!

最初は私が側に居るから気を使って言っているのかなぁ〜?と思ったのですが

『僕さっき食べたし、もうお腹いっぱいだからいらないんだよ』と言うんです。

ホントに君、プラダーなの?! と親の私が思ってしまうくらいです。

 

ららんとは何とビュッフェにも行きますよ〜!!

もちろんサラダ多めにガッツリ盛りますが、炭水化物少なめにタンパク質の

おかずもたっぷり摂って、デザートまでしっかり食べさせます。

ららんは『ふぅ〜!もうお腹ポンポコリンだ〜!』と言って満足そうです。

見た目は妹や大人と同じくらいに盛り付けてガッツリ食べさせますが

今流行りの糖質オフ的な食事に近い食べ方をしているので太りませんし

過食にもなっていないんです。

 

しかし!!

ついこないだ、キッチンにあるおやつの量が明らかに減っていたのです!!

『こ、これはもしや、、、ららんが盗食してしまったのか!?』

と、まず心配になったので、勉強部屋にいたららんに

『ららん、キッチンに置いてあったゼリー食べた?』

と聞いたら

『僕、食べてないよ〜』との答えでした。

隠れて部屋で食べてやいないかとゴミ箱を見たけどゼリーのゴミは

見当たらず。

次に妹に聞いてみると、同じく『知らないよ』との事。

 

ムムム〜!!

私がもうボケたのか!? あったと思ったお菓子は私の気のせいか?

と終いには自分のボケを疑ったのです。

『私も年取ったのかなー? ヤバイな』と思い、また子供達のために

ゼリーを買っておいたんです。

 

翌日、先に帰ってきた妹を留守番させて、おやつを与え

『ららんをデイサービスに迎えに行くからお留守番しててね!』と言って

出かけました。

 

帰ってきて夕飯の支度をとキッチンに入り、何となくゼリーの方向に目が

行った私に娘が『何? 何ママ? 何見てるの?』と

挙動不審なことを言っている。

『これからご飯作るんだよー』と言いながらゼリーの棚をチラッと見ると、、、

何と買ったばかりのゼリーの袋の中に、ゼリーが1個しか残っていないではないか!!

 

こ、これは、、、!!

犯人はアイツか〜〜〜!!! ニャロメ〜〜!!!!!

しかも律儀に一つだけ残しておくとは!

そういえば前回も一つだけ残っていたなー。

そんな娘をちょっとかわいいなと思いつつも、ららんが寝たら尋問の刑じゃー!!

 

dummy
ママ

ねーねー、ゼリー食べたでしょ?

 
dummy

え、食べてないよ

 

dummy
ママ

出かける前にちゃんと数かぞえてたんだよ。

1人で留守番中に1個しかないなら誰が食べたかすぐバレるよ!

 

dummy

食べてないもん!  

 

20分程粘って、ようやく大泣きしながら白状しました。

私はららんの病気の事を丁寧に説明して

『こういう事は2度としちゃダメだよ。もっと欲しかったら

ちゃんと言えばあげるんだからね。

ららんが見てたら真似しちゃうかもしれないから絶対もうやらないでね。約束だよ』

 

と言うと、泣きながらうなずいてくれました。

それ以来、娘はお菓子をこっそり食べなくなったので良かったです!

 

って言うか、ららんじゃなくて本当に良かった〜!!

ららん、疑って本当に本当にごめんねーーー!!!

 

娘よりもよっぽどたちが悪いのがアスペルガーの夫だ。

プラダーウィリー症候群の子は過食に気をつけなきゃいけないのに

ららんの目の前で時と場所構わず食べたい時にお菓子を食べたりする。

お菓子を食べるのはおやつの時間だけと決めているのに

親が寝る前とかにポリポリお菓子食べてたら影響するじゃろが〜!!!

って叫びたくなる。 

注意するとムッとするし、すぐ忘れる。

本当に困るね。 

 

 

ららんの最近あったビックリ行動!

ららんは私の行動を静かに冷静に見ていたりする。

結構観察力が鋭い子供だと思う。

私がお化粧をしているところもそっと見ていたりするのだが

ある日、私の化粧台の前に座って自分の口の周りを口紅べっとり

塗りたくっていた時があってびっくり!!

オバQの様なその姿に、家族みんな大笑い!!!

かと思えば娘のネックレスを付けてみたり、、、汗

おいおい、まさかオネェじゃないだろうねー!? と冗談半分心配したのだが

先週末はもっとおったまげる事をやらかしてくれた。

 

公園に連れて行く道中、車の中で運転席からららんの方に振り向くと

何だかいつもと違う妙な顔、、、???

アシンメトリーの様な、、、?????

 

『げげげーっ!!! ららん! 右の眉毛はどうしたのー!?』

 

と聞くと黙ってニヤニヤしていた。汗

 

そうなんです。 きっと私が化粧する時に眉毛を整えるのを

どこかでこっそり見ていたんでしょうね。

毛抜きでどうやら右の眉毛をごっそり抜いてしまった様です、、、 😥 

 

あれから散々注意したら、自分でもさすがにおかしい顔だと言うのが

わかった様で、もうやらなくなりました。

まあ、でも俗に言う、抜毛症とかではない様なので少しホッとはしました。

子供らしいビックリ行動ですが、そうやってみんな成長していくんですね〜♪

2人とも素直に反省してくれるし、本当にかわいくてしょうがない盛りです!

中学生位になると、理屈っぽくなっちゃうんでしょうね〜 😥 

今のかわいい盛りを大切に育児を楽しみたいと思います 😆 

 

今日はどんな感じ? ポチッとチェックしてみてください♪

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村