キャリアコンサルタントの視点から、今回は転職面接対策についてお話します。

 

「転職面接ってどんなことを聞かれるんだろう?」

「好印象を与える挨拶や入退室のマナーって?」

「こんな服装で行ったら落ちるかもしれない…。」

 

そんな不安に一気にお答えしていきたいと思います!

役立つポイントを凝縮させましたので、大事なところはぜひメモをしてくださいね。

みなさんが面接試験でよい結果を出せることを願っています!

 

1)転職面接の回数(1次〜最終)ごとに流れを把握し最終面接まで残るコツ

 

まずは、転職面接試験の大まかな流れの確認です。

一般的に履歴書・ES(エントリーシート)やSPI等の筆記試験(ない場合もあります)の後、面接試験は1~3回複数回行われ、最終面接となります。

複数回行われるのは、それぞれによって面接官が見ているポイントが違うからです。

そのポイントと面接突破のためのコツを押さえておきましょう!

 

1.1次面接~2次面接

まず、初期の1次~2次面接では主に「人間性」を見ています。

あなた以外にも応募者が多数いる場合、集団面接(受験者複数名を同時に面接する試験)
の場合もあります。

従って、特に大事なのは「第一印象」や「自己PR」です。

まず第一印象で他のライバルに劣っていたら相対評価で落とされてしまいますし、あなたの考え方や強みがよく分かる自己PRで、自社に合う人間かどうかを判断されています。

  • あなたは他の人とどこが違うのか
  • あなたでないとダメな理由(あなたにしか出来ない事)
  • あなたがなぜ自社に合う人材なのか

を聞かれても迷う事なく答えられる様にしておく事が大事です。

そしてもう一つ大事なポイントがあります。

それは、『簡潔に伝える』という事。

ダラダラとまとまりのなく長い自己PRは逆に減点になってしまいます。

簡潔に一点の迷いなく答えられると、頭の回転が良い印象を与え、良い意味で自分に自信がある人に映ります。

これが出来れば1次面接突破は余裕です!

 

2.3次面接(個人面接)

初期段階の面接のあとは、個人面接(受験者1名と面接官の試験)になります。

この段階になると、面接官が採用人事だけではなく、実際の配属予定部署の上司が面接官として同席される場合もあります。

ここで特に見られているのは「能力や適性」です。

初期段階をクリアした時点で人間性は問題なく合格点です。

次は、実際に仕事を任せた際にこなせるだけの能力やスキル、適性があるかどうかを見られているので、「職務経歴」や「社会人経験」について深く聞かれる可能性は高いでしょう。

また、「逆質問面接」といって、受験者から面接官へ質問がないか逆に聞かれることもあ
ります。

逆質問面接に備えて、聞いておきたい事項も明確にしておきましょう。

好印象を与える逆質問のポイントは

『入社後のイメージを膨らませる様な質問をする』

事です。 例えば

  • どのようなスキルを身につければ、更に今後の仕事に役立つのか
  • 入社までに準備しておいた方が良いことは何か
  • 面接官の方々が仕事をしていて嬉しかったことは何か

 

このあたりを聞いておくと、自社の仕事への意欲がある印象を強く与えられます!

逆に聞かない方が良い質問もあります。

  • 有給休暇について
  • 福利厚生について
  • 給料の昇給について

 

など、自分が受けられる待遇についての質問はこの時点で聞くと悪印象になりますので、聞かないのがポイントです!

 

3.最終面接(役員面接)

いよいよ最終面接です!

この段階になると、会社の役員の方が面接官として同席されます。

ここで見られてるのは「志望度」です。

人間性や能力、適性はすでに合格点なので、あとは内定を出した時に本当にうちの会社に来てくれるか?

それを確かめるための面接です。

『どうしても御社でないとダメなんです!!御社で仕事がしたいんです!!!』

という強い理由と意欲を前面に出していきましょう!

意欲がしっかり伝わっていれば、入社時期や将来のビジョンなど先を見据えた質問が聞かれるはずです。

ここで上手く答えることが出来て面接官の意向と合致したら、ほぼ採用確定ですー!!

 

2)転職面接で質問されそうな事をしっかり押さえておく

次に、転職面接ならではの聞かれそうな項目について確認します。

基本的な「自己PR(自己紹介)」や「志望動機」の他に

 

  • 転職ということは、前の職場で何か不満があったのか? 
  • キャリアチェンジをする理由は何だろう?
  • 即戦力になれるのか?経験やスキルはどの程度だろう?

 

このような「転職面接」ならではの聞きたい質問がたくさんあるはずです。

そのひとつひとつに冷静に答えるために押さえておきたいポイントを説明します!

1.「前職の退職理由は何ですか?」

これはほぼ全ての転職者に聞かれる質問です。

自己都合での退職の場合、前職で何かしら理由があったから転職を希望しているはず。

それが前職への不満やミスマッチなのか、キャリアアップを望んでいるのか、家庭環境の変化によるものなのか、その理由によって、あなた自身と自社がお互いWin―Winでマッチングできるかどうか確かめるために大事な質問です。

間違っても前職のグチなど言わないように…。😅

嘘をつく必要はありませんが、できるだけ前向きな内容で答えましょう!

2.「仕事上での失敗経験・挫折経験はありますか?」

社会人経験がある方によくある質問です。

仕事上での失敗は誰にでもあるもの。

その失敗に対してどう向き合ったか、乗り越えていったか、それによってその人の仕事への向き合い方や価値観を確かめようとしています。

3.「キャリアチェンジ(職種転換)をされる理由はなぜですか?」

前職と別の職種を志望する場合に聞かれる質問です。

転職の場合、同じ業種や職種で転職をするケースが多いですが、前職の業種や職種にミスマッチを感じてキャリアチェンジを希望する方もいるはず。

その場合、どこにミスマッチを感じていたのか、それが新しく希望する業種や職種でちゃんとマッチングするかどうかを確認するための質問です。

4.「マネジメント経験はありますか?」

30代以降になるとよく聞かれる質問です。

即戦力採用の中には管理職として雇用される場合もあります。

その場合は部下を持った経験があるかどうか、その場合何人のチームだったかなどが聞か
れます。

5.「家事や育児との両立は可能ですか?」

女性の転職の場合聞かれやすい質問です。

あまり深くつっこまれるとコンプライアンス上、良くないので強くは聞かれないと思います
が、勤務時間や勤務地と、実生活とのバランスがうまくかみ合っているかどうかを確かめるためなので、あなた自身がお話できる範囲で答えられるようにしておきましょう。

6.長所や短所の答え方

「長所と短所は何ですか?」

これは転職に限らずあらゆる面接で聞かれます。

長所の場合は、例えば単純に

「計画性のあるところです」だけではなく、

根拠になるような具体的なエピソードを添えるようにしましょう。

短所の場合は、例えば

「短気なところです」だけでなく、

「短気なところがあるので、まず落ち着いて他人の意見を聴くように気をつけています」など、短所を直すために改善意識があることも伝えましょう。

 

 

3)転職面接の服装で大事なポイントは夏と冬で違う!?好印象スーツの色や着こなし方

次に転職面接で大切な服装について説明します。

第一印象は面接評価の中でも大事な評価項目です!

たかが身だしなみ、といえども侮れません。

服装であれメイクであれ「清潔感」のある印象を与えることを心がけましょう。

ここでは特に服装のポイントをいくつかお話します。

1.原則はスーツ!ジャケット着用で

面接試験の場合、「上下揃いのスーツ」が原則です。

色は紺やグレー、ベージュなど多少明るい色のものでも問題ありません。

新卒就活時のリクルートスーツは場違いなので避けましょう。

インナーはシャツが無難ですが、女性の場合はカットソーなどでも構いません。

白やブルー、パステルカラーのものなど、落ち着いた明るい印象のものを選ぶようにしてください。

業種によってはスーツでなく、私服を指定される場合もあります。

その場合もジャケットを着用するのが好ましいでしょう。

2.夏の場合のOK例・NG例

夏の場合、特に気をつけたいのが汗ジミやニオイです。

クールビズといえども、面接試験の時は基本はジャケット着用なので暑くて汗をかいてしまうもの。

受付に入るギリギリまでジャケットは脱いで暑さを回避しましょう。

汗脇パッドを活用したり、制汗剤などでニオイ対策もしておいてください。

インナーは襟のあるシャツよりも襟周りの涼しげな半袖のカットソーにしておくと良いでしょう。

ただし、胸元が空きすぎているものは避けてくださいね。

3.冬の場合のOK例・NG例

冬の場合、防寒着を着ることもあるかと思います。

コートはスーツに合ったシンプルな形・色のものを選んでください。

派手な色やゴワゴワしたダウンジャケットなどはあまり印象がよくありません。

またブーツもビジネスシーンではNG。シンプルなパンプスを履いていきましょう。

インナーは薄手のニットであれば問題ありませんが、あまりモコモコしたセーターだとジャケットを羽織った時スマートではないので注意してください。

 

4)転職面接時に絶対好印象を与えるマナー 〜入室から退室まで〜

さいごに実際の面接を想定して、入室から退室までの流れを説明します。

対人関係における「第一印象」は、はじめの10秒以内に決まっている、と言われています。

すなわち、面接の場面だと、ドアをノックしてから椅子に座るまでに第一印象は決まってしまっているのです!

そこで悪い印象を与えてしまうとその後の面接での質疑応答にも影響を与えかねません。

ここで最終チェックをして面接試験に臨みましょう!

1.入室時のポイント

・まずノックを3回します(2回はトイレノックなのでNG)。

・その後、部屋の中から面接官の「どうぞ」や「お入りください」の声があってから入室しす。

・入室後、面接官に向かって「失礼します」と一礼してから椅子へ向かいます。

※ドアを閉めるのを忘れずに!
コートを着ている場合は建物の中に入る前に脱いでおいてください。

2.椅子に座る際注意~面接中

・椅子の前か横に立ちます。
その際、カバンは椅子の横に、コートは椅子の背もたれにふたつ折りにして掛けておきます。

・面接官の「どうぞ」や「お座りください」の声を聞いてから「失礼します」と言って椅子に腰掛けます。

・あまり深く腰掛けないように注意しましょう。浅めに腰掛けて背筋を伸ばして座ります。

・足は組まずに揃えて座ります。

3.面接終了後~退室のポイント

・終了後、その場で立ち上がり「ありがとうございました」と言って一礼します。

・荷物を持ってドアの前まで進みます。

・ドアの前でもう一度面接官の方に向き直り「失礼します」と言って一礼します。

・ドアを開け退室、静かにドアを閉めます。

以上が面接の入室から退室までの流れです。

  • 笑顔で気持ちの良い挨拶をすること。
  • 入室時も退室時もドアの前できちんと一礼をすること
  • 「どうぞ」と言われるまで勝手に座らないこと

 

社会人として基本的なことですが、このあたりを押さえておけば間違いないでしょう!

 

5)それでも迷った時は、プロの転職コンサルタントに無料相談してみるのが近道!

そんな時は、専門の転職コンサルタントに相談するのが一番です!

適性診断テストを通して、自分の強みや興味関心に合った仕事を紹介してくれたり、転職に有利な面接のアドバイスや悩み相談にはきめ細やかに全て無料で応じてくれます。

RUN-WAY

プロのコンサルタントに「自分に合う」転職先や必要な面接のアドバイスを無料で受けてみると、自分でも気づかなかった適性も見えてくるかもしれません。

無料相談を有効に使いこなす事が成功への近道かもしれないですね♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

転職面接の流れと気をつけるべきポイントが分かれば、あとは面接を受けるだけ!

今までの中での失敗経験も、そこから学んだことがあれば、必ず転職面接時に役立ちます。

その学ぶ意欲や成長能力はきっと評価してもらえますので、自信を持って転職活動に取り組んでいってくださいね!